banner

廃車買取に売ろう

手続き料金を支払うよりも廃車買取に売ろう

自分が乗っている車を買い替えたいと考える時期が来たときには、中古車買取に売却しようと思う人が多いのではないでしょうか。中古車販売業者やディーラーは状態の良い車であれば買い取ってくれますが、古い車であったり、中古車としての価値がないと判断されるものであれば、廃車の手続きを行うために費用を請求される可能性があります

。自動車を処分にするには解体に10000円ほどの費用がかかってしまいますし、自動車リサイクル法による費用を支払っていないときには、15000円の出費が必要になります。廃車にするために、行政書士に車の登録抹消の手続きを依頼したときには、代行費用が10000円かかるなど、様々な料金を支払う必要が出てきます。これほどの料金を支払うことや、手間をかけるよりもお得に処分する方法があり、それが廃車買取の専門店を探して売却する方法となります。

どうして自動車としての価値がなくなっているような車が売れるのか、疑問に思う人がいるかもしれませんが、廃車買取の査定基準はディーラーや中古車販売店とは異なります。中古車業界では機種が新しいものや、走行距離が少ない車のほうが価値が高く再販売のときのニーズが高くなることが考えられます。10年以上の経年車や10万kmを超える走行距離のある車では、価値がほとんどないと判断されてしまいますが、廃車買取であれば車のパーツや部品を販売するノウハウを持っています。

日本では価値が無い車であってもアジア地域では価値が生まれますし、車として使用できないものであっても、日本車に使用されているパーツや部品は高い性能を持っていると判断できますので、再利用することが可能です。中古車としての価値が無くなっていても、タイヤやバンパー、ガラス、バッテリーなどの部品として考えるとまだまだ使用可能なものが多く含まれています。そのために解体して、パーツや部品として利用することを考えている廃車を取り扱っている業者では、事故車や水没車などであっても取扱いを行っています。

中古車業者では相手にされないような事故車や水没車、過走行車などであっても廃車買取に売却の依頼をすることで買い取ってもらえる可能性が出てきます。また、万が一買い取ってもらえない状態であっても、近年の業者では無料で引き取ってくれる業者が増えていますので、自分で費用をかけて処分をすることに比べるとお得に手続きを行えます。インターネット上で査定を受けられるサービスを行っている業者もありますので、事前に買取価格の目安を知ることも可能なので検討してみることをおすすめします。

Copyright © 2017 ディーラーでの廃車と買取の違いについて All rights Reserved.