banner

買取査定を

廃車手続き書類を揃える前に買取査定を

廃車とは、自動車を解体して使えなくすることです。車は所有しているだけで税金がかかります。使わなくなったからといって、税金を免除してもらえるわけではありません。廃車の手続きをして初めて車を所有していない状態になります。言うまでもありませんが、勝手にスクラップ工場に持って行って手元になくなっただけでは、登録が残ったままです。登録上も抹消するためには、抹消手続きが必要です。

抹消手続きには、永久に自動車を使わない永久抹消登録と、一時的に使えない状態にする一時抹消登録の二種類があります。まだ乗れる車だが、一時的に海外に行くなどで使わない場合、一時抹消登録をしておくと、その間は税金を払わなくても済みます。このように、一時抹消登録は登録上抹消するというだけですが、永久抹消登録は解体して名実ともに廃車にすることです。

抹消登録に必要な書類は一時抹消登録、永久抹消登録ともに大きな違いはありません。共通しているのは車検証、ナンバープレート、三ヶ月以内の印鑑証明書、実印、申請書、手数料納付書、印紙、リサイクル券などです。所有者が手続きをしない場合は、委任状が必要になります。一時抹消登録と永久抹消登録とでは申請書の様式が違いますが、そのほか必要な書類はほぼ同じです。永久抹消登録をする場合は、本当に廃車したという証明が必要になるため、使用済自動車引取証明書が必要です。解体業者から渡される書類で、確かに解体しました、という証になります。解体しない一時抹消登録では不要です。

自動車は、不要になってもまずは買取を検討する人が多いでしょう。大切にしてきた愛車を解体するのは忍びないばかりか、費用がかかります。タダ同然でも良いので、買取してもらって誰か別の人に乗り続けてほしい、と思うのがドライバーの本音でしょう。走行距離が多い、年式が古い、大きな修理をしている、などの理由で買取を諦めている人も、ダメもとで査定に出してみてはいかがでしょうか。お金に換えることはできなくても、無料で引き取ってもらえれば、廃車費用が浮くことになり、面倒な手続きをする必要もありません。最初から諦めることはないでしょう。

このように、乗らなくなった車があったとしても、選択肢はいろいろあります。まずは買取業者に査定をしてもらい、価値がゼロであれば、初めて抹消手続きを検討すると良いでしょう。また、車検が少しでも残っている状態であれば、抹消費用を負担することなく、ディーラーに引き取ってもらえる場合もあります。

Copyright © 2017 ディーラーでの廃車と買取の違いについて All rights Reserved.