banner

買取業者に売却

廃車の手続きをするよりも買取業者に売却しよう

長年にわたって愛用してきた車であっても、いつかは手放したいと感じるときがくると思います。いざ自動車を売却しようと思ったときには、中古車買取店に持ち込むか、ディーラーに下取りしてもらうことを選択する人が多いでしょう。中古車買取店やディーラーでは買い取った車を再販売することが目的となりますので、機種や走行距離の査定を行ったときに価値が無いと判断されたときには、買い取ってもらえないことになります。その他にも車の状態によって値段が付かない場合があり、事故車や水没車、不動車などについても買取店やディーラーでは値段が付けられないことが考えられます。

そうなってしまうと廃車にしようという人が多いことが予想されますが、いざ廃車に出すとなると手続きが面倒であったり、費用がかかってしまうというマイナス面があります。ディーラーに持ち込んだ結果として、廃車にしなければならなくなり、さらに費用までかかるとなると勿体ないと感じる人が多いでしょう。
手続きを行って費用をかけて処理するのであれば、廃車を専門的に買い取っている業者に売却する方法を選択することもできます。自動車としての価値が低い車をなぜ業者が買い取るのか疑問を持つかもしれませんが、自動車というものは走行できない状態であっても、部品やパーツとしては再利用できる価値を有しているものが多く含まれています。

車そのものとして再販売できない状態であれば、それらを分解することで部品やパーツを洗浄したり、機能面を確認することで中古部品としての価値が発生します。部品などとしても全く使用できないものであっても、鉄やアルミに分別することでリサイクルが可能ですので、価値を生み出すことができます。廃車の種類としては事故車や水没車などもありますが、事故を起こしても破損していない正常に機能するパーツはありますし、水没車に関しても水没したことによる被害を受けてない部品であれば再利用できますので、業者によっては買取を行っています。ボディさえ残っていれば、動かなくても鉄などとして再利用できることから、廃車買取業者は0円以上の値段で買い取ってくれます。

ディーラーなどで廃車のための手続きに費用がかかると言われたときには、お金を支払って処理することを選ぶよりも、廃車買取業者に持ち込むことがおすすめできます。下取り0円の車や修復歴などがある車であっても、高額な価格で買い取ってもらえる可能性がありますし、手続きについても代行してくれる業者が増えていますので、手間を省いて処理することが可能になるのでおすすめです。

Copyright © 2017 ディーラーでの廃車と買取の違いについて All rights Reserved.